消費者ローンと銀行ローンの違い

同じキャッシングやカードローンといったローンが利用できる消費者ローンと銀行ローンにはいくつか違いがあります。
まず1番の違いは借り入れ金額が総量規制という規制の制限を受けるかどうかです。総量規制とは、ある人が1年間に得られる収入の3分の1以上の借り入れを禁止した制度を言います。消費者ローンの場合、基本的にこの制限の対象者になった場合はどれ程属性が良くても審査に落ちてしまいます。一方で銀行のローンはこういった制限を受けずに銀行が独自に設けている審査基準によって借り入れ可能かどうかが決定されます。
この他の違いとして、審査が厳しいかどうかという点があります。どちらが厳しいかは予測がついている方もいらっしゃるでしょうが、銀行になります。銀行のローンは基本的に消費者ローンで借りるときの金利よりも低めに設定されています。そのため年収要件やこれまでの借り入れ金の総額といったことのお金借りる審査基準が高くなってしまう傾向があります。そのためあまりにも多く借り入れをしている方は銀行のローンでは審査が通らないという可能性もあります。
また他に考えられる違いとして、申し込みのしやすさに違いがあります。最近では大手銀行もローン専用のATM窓口を作り営業時間終了後にも手続きできる方法がありますが、数で言うと消費者ローンの方が圧倒的にそういったATMが充実しています。また銀行と違い消費者ローンはローン業務をメインに行っていることから、銀行よりも比較的審査の結果が分かるまでが短いという特徴もあげられます。

Article by Walsh

It seems like this author has no description. Add your discription/bio at user profile or disable this widget in theme customizer if you dont want to use it.